脂肪吸引

脂肪吸引とはカニューレという管を皮膚表面から脂肪細胞へ入れて、そこから吸引し脂肪を除去する方法です。脂肪をそのものを吸引するので確実に脂肪を除去することができます。脂肪を除去した部位はリバウンドはしにくいのが特徴です。数ミリの小さい穴を皮膚に開けてそこへ吸引管を入れて吸引する際の傷は小さく、傷跡は目立ちにくいです。

脂肪吸引の種類と特徴

脂肪吸引の仕方

シリンジ法

注射器型(シリンジ)の吸引器を使用して注射器の陰圧を使って細かく脂肪を吸引する方法です。ゆっくり時間をかけて手作業で脂肪を吸い上げていくので細かい部分やCC単位での調整が可能です。丁寧に手作業で脂肪吸引を行う為、機械を使用するよりも内出血や腫れが軽減できるというメリットがあります。顔や細かい繊細な小さい部位には特には最適な方法です。体の部位のどの部分でも対応できるのが特徴です。
熟練のドクターが脂肪吸引を行う際は細かい調整が可能なシリンジ方を選ぶ方が多く見られます。シリンジ法は無理に脂肪を吸引する事がないので皮膚のボコつきや凹凸のリスクを回避できるメリットがあります。

機械を使用する方法

機械を使用し、脂肪吸引を行うと硬くて脂肪吸引がしにくい部部を簡単に吸引する事ができます。

小さな部位だと手術時間が長くなるというデメリットもある為、大きな部位で使用されることが多いです。

レーザーの熱や水圧を利用するなど様々ですが機械を使用するメリット脂肪を液化したり粒用に粉砕したりと脂肪を吸引しやすいことです。硬い脂肪や繊維質の脂肪をきれいに除去し手術時間を短縮します。

火傷や脂肪の取りすぎるとリスクもありますが、機械利用する事で滑らかなボディラインを形成することもできます。機械のメリットとデメリットをしっかり把握したドクターが行うと効果向上します。

機械の種類

エルコーニアレーザー

脂肪吸引したい広範囲の部分へエルコーニアの赤いレーザービームを当てることにより
お脂肪細胞を液化して脂肪吸引が楽に行えます。
レーザーを肌に照射することにより脂肪吸引を円滑に行える為、仕上がりは通常の脂肪吸引よりも滑らか仕上がり、理想のボディラインをつくることができます。
回復も手術時間も短く短縮できることからダウンタイムの取れない方へもお勧めです。

スマートリポレーザー

ピンポイントに脂肪をレーザーで溶かす為比較的小さな部位に使用されます。このレーザーには直径1.0ミリのカニューレがついており、そのカニューレを通してレーザーを照射し脂肪を溶解します。脂肪吸引で使用するカニューレ(吸引管)よりも小さい為、傷口の小さく4日ほどの圧迫で終了します。溶ける糸を使用する為抜糸の必要もありません。
背中の脇肉、顎下など小さい部位には即効性があり仕上がりは自然でボコツキのリスクを回避できます。大きな部位には脂肪吸引と組み合わせることでより一層滑らかなな仕上がりとなります。
太腿が気になるが上半身や顔は痩せたくないといったボディラインの改善を目的にされている方へ特にお勧めの方法です。

ボディジェット

水の力を利用して脂肪を剥離し、麻酔を噴射しながら脂肪吸引を行う為、局部麻酔でも施術が可能。腫れや痛みも軽減できるとされておりダウンタイムがおまり取れない方へお勧めの方法です。

アキーセル

高周波で振動を与えるカニューレを使用し脂肪を粉砕しながら吸引していく方法です。
相乗効果としてタイトニング(引き締め)があります。脂肪細胞のみへアプローチをする為その周りにある血管や筋肉などを傷つけることをなく脂肪細胞を細かく粉砕するので、ダウンタイムの軽減にもなります。
顔などをすっきりさせたいといった要望を叶えてくれる治療法です。
また吸引した脂肪は粒状に粉砕されているので脂肪由来の幹細胞豊富に含まれ脂肪注入にも最適です。脂肪吸引と脂肪注入を一緒に検討されている方へお勧めしています。

ライポマディック

広範囲の脂肪吸引に使用される回転式のハンドピースです。
シリンジ方とは違い 上下に動かすのではなく回転しながら吸引する為、周りの組織のダメージを抑えます。
高空気圧を利用した超音波の脂肪吸引なので熱で脂肪を液状にする際に起こる火傷、炎症のリスクは軽減されます。
ボディラインを作るようなデザイン性のある脂肪吸引へは不向きです。

ベイザーリポベイザーリポ

特殊な超音波で脂肪のみを液状にし、脂肪吸引します。その特殊なVASER派が周りの組織と脂肪を分離させてその後の脂肪吸引を容易に行え、仕上がりも滑らかなラインをつくることができます。熱を加えて脂肪を液化することから手術時間も短縮され、ダウンタイムも従来の方法とは軽減されるとされています。小さな部位よりも大きな範囲での脂肪吸引に効果があります。

お悩み別おすすめ施術

大きな範囲の脂肪吸引

広範囲の脂肪吸引をするのであればベイザーがお勧めです。

お金をかけられない

機械などを併用しないとこにより安価でできるシリンジ方がお勧めです。シリンジ法は手作業で行うため体のどの部位にも脂肪吸引が可能です。

太腿が太い

太腿には繊維質が豊富な脂肪が多く存在します。その為ベイザーなどの熱を加えて脂肪を液状にしたり、アキーセルのように脂肪を粒状にしたりして吸引するとしっかりと脂肪吸引できます。

小顔になりたい

シリンジ法でジュールファット メーラファット バッカルファットなど取り方を変えて少しずつバランス整えながら小顔にする治療法がオススメです。

細かい部分の脂肪を簡単に取りたい

スマートリポレーザーを使用した脂肪吸引やシリンジ法がお勧めです。小さな部位の繊細な脂肪吸引は丁寧な手作業ができるシリンジ方が必要です。肌の滑らかさを残し、ダウンタイムを軽減させます。

局部麻酔で気軽にやりたい

ボディジェットを使用した脂肪吸引は水の力で麻酔を噴射させるてまき散らすので、睡眠麻酔を使用しなくても脂肪吸引を行うことができます。ダウンタイムも軽減され、部分的な吸引に特にお勧めです。

二の腕が太い

二の腕に硬い脂肪がある場合は脂肪を溶かし取りすくすることでやめらかな仕上がりになります。ハミ肉と言われる背中にかけてある部分はシリンジほうで丁寧に吸引する事がお勧めです。

二の腕や背中をすっきりさせたい

背中への脂肪は機械を使用せずに繊細な作業が可能ななシリンジ法で行います。肌表面にボコつきが出ないように丁寧に行えるシリンジ法がお勧めです。

施術プラン

HAABクリニックの脂肪吸引の特徴

当院では、患者様の目的に合わせ様々な治療や施術を提供しております。ただ脂肪を取ることだけではなく、『残すべき脂肪』と『取るべき脂肪』を見極め、健康的ですっきりしたフェイスライン・ボディラインを形成します。どの角度から見てもきれいな輪郭を作るために 骨格・筋肉・皮膚のたるみに合わせて脂肪吸引に様々な施術を組み合わせて患者様の最大限の美を引き出すことを心がけています。

施術プラン(部位)

顔 脂肪吸引 >

オリジナルの小顔メソッドを提供しています。『残すべき脂肪』と『取るべき脂肪』を見極め、健康的ですっきりしたフェイスラインを形成します。

脂肪吸引が可能な部位

施術の値段

(ほほ)通常価格¥250,000
顎下(あごした)通常価格¥250,000
頬+顎下通常価格¥400,000
脂肪吸引注射5x5cm通常価格¥79,800
身体1部位二の腕 / 背中 / 上腹部 / 下腹部 / 側腹部 / 腰部 / ヒップ / 大腿(前・後・内・外)通常価格¥250,000
お腹2部位上腹部 / 下腹部通常価格¥450,000
お腹3部位上腹部 / 下腹部 / 側腹部通常価格¥630,000
お腹4部位上腹部 / 下腹部 / 側腹部 / 腰部通常価格¥750,000
大腿2部位前面+側面(内側または外側) 後面+側面(内側または外側)通常価格¥450,000
大腿4部位前面+後面+内側+外側通常価格¥750,000
大腿2部位+ヒップ通常価格¥570,000
※税込価格

当院で利用している医療器具

医療ハイフ
ハイフは超音波を照射することによって皮膚深層部のコラーゲンの合成とたるんだ筋膜を活性化する事ができるため脂肪吸引の引き締め効果を最大限に。
を向上させます。またエラーズハイフはさらなる脂肪の溶解と引き締めを行います。
皮膚の表面に近い部分は脂肪を取りすぎるとボコつきが出ますのでその部分には皮下脂肪の絶妙な調整が簡単にできHAABオリジナル人参注射を併用する事でさらに理想のラインを追求できます。

麻酔

チュメセント法を行なっております。 麻酔液を薄めた止血効果がある液を脂肪吸引する部位へ先に散布することで、ダウンタイムの軽減と脂肪を柔らかく取り出しやすくするチュメセント法で麻酔をかけていきます。静脈麻酔で行いますが、 当院では麻酔科のドクターが常勤しておりますので痛みの弱いかたに全身麻酔も安全に行う事ができます。 よくあるご質問

医療糸

近年新たな心臓血管外科用の糸として注目される「アスフレックス」という医療用糸を使用します。 「アスフレックス」は、生体内での劣化がほとんど無いとされるため、二重をより長く保つことができます。極細糸で、結び目が小さくなるため、糸が目立たず自然な二重にすることが可能です。

施術後のダウンタイム(経過イメージ)とリスク

施術後のダウンタイム

施術時間施術時間は、施術部位やお好みの量によって異なります為、ご予約やカウンセリング時にお問い合わせくださいませ。
麻酔麻酔は、局所麻酔(+笑気麻酔)もしくは静脈麻酔を使用します。
常勤の麻酔科医が在籍している為、安全に行うことができます。
※笑気麻酔は、鎮静、睡眠、鎮痛作用を持ち、リラックスした状態になり、痛みを感じにくくなる吸入麻酔薬の一種です。(オプション)
※ご希望の患者様は全身麻酔(静脈麻酔より強い)を使用することも可能性です
※麻酔の強さ:全身麻酔>静脈麻酔>局所麻酔
腫れ・傷跡・強めの腫れやむくみ生じます。
・内出血(皮下出血)が生じます。治療箇所近くに出ることもございます。
・「左右差が目立つ」「不自然に見える」「ボコつきがある」等の症状が出ますが、一時的なものなので ご安心ください。
・1~3か月ほどほど筋肉痛のような痛みがあります。
・1~3か月ほど知覚の麻痺やしびれが生じることがあります。
・皮膚の色素沈着 6~12 か月ほどで色は薄くなっていきます。
・かゆみを生じることがありますが、色素沈着の原因にもなるので掻かないでください。
通院ペース術後 3日目のご来院にいただきます。
経過を見ながら通院ペースを担当医師と相談致します。
お薬お薬は、ダウンタイム症状が辛い方へ処方しておりますのでそれぞれ用法用量を守ってご使用下さい。
メイク術後、優しく洗顔は問題ございませんが、24時間以内のメイクはお控えください。
洗顔・シャワー・入浴術後 3日目のご来院以降、シャワーが可能です。
備考その他の注意事項
・抜糸までは強めの圧迫をします、その後も 3 か月間はガードル着用で圧迫を行ってください。
・術後の経過診察について、やむを得ない場合や緊急を要すると判断される場合には執刀医以外の対 応になる場合があります。

経過イメージ

・傷口から浸出液がでる可能性がございますので、お休みの際は汚れてもいいタオル等を敷いてください。
・術後 3日目まで強めの圧迫を行います。きつくて苦しくてもご自身で緩めることはしないでください。動きがかなり制限されますので、大事なご予定を入れるのは控えてください。
・術後1週間目より脂肪吸引箇所のマッサージを行ってください。また術後3か月間はガードルで圧迫をおこなってください。
・飲酒や喫煙は傷の治り、むくみ、腫れの影響するため、1か月控えていただくことを推奨しております。
・1週間は安静に過ごしていただき、軽めの運動は2週間後から可能です。サウナ・エステ・激しい運動は1か月お控え頂くことを推奨しております。

施術前

1週間後

リスク

  • だるさ・熱感・発熱・頭痛・咳・蕁麻疹・かゆみ・むくみ・冷や汗・胸痛・動悸・アナフィラキ シーショック・呼吸困難など生じることがございます。
  • 血種:治療部位に血がたまってしまう可能性がございます。腫れが日を追って増していくようであ れば、ご連絡をお願いします。
  • 感染:熱感・赤み・強い痛み、強い腫れが長引く場合はご連絡ください。
  • しこり・血腫:治療箇所に血がたまって腫れ上がる可能性がございます。
  • 傷が開く:脂肪採取部の傷は医療用ボンドで留めます。1 週間ほど激しい動きはお控えください。
  • 皮膚壊死

HAABクリニックの施設概要

施術可能な店舗

施設名HAAB x DREAM BEAUTY CLINIC
東京本院(原宿)
所在地東京都渋谷区神宮前1-10-5 FPG links JINGUMAE
電話03-6384-5121
(予約専用コールセンター)
緊急連絡先 03-6459-2155 (予約不可)
受付時間 10:00~19:00
営業時間10:00〜19:00
定休日不定休(1/1~1/3休業日)
アクセスJR 原宿駅表参道口より徒歩2分
東京メトロ 明治神宮前駅3番出口より徒歩2分

院長

田中 優太 (タナカ ユウタ)
獨協医科大学 医学部卒業
東邦大学医療センター大森病院勤務
湘南美容クリニック 入職
湘南美容クリニック 川崎院 院長就任
湘南美容クリニック 赤坂見附院 院長就任
HAAB × DREAM BEAUTY CLINIC 東京本院 開院
  • 湘南美容外科を経て、HAAB DREAM BEAUTY CLINIC 東京本院を立ち上げる。
  • 男性から女性まで幅広いジャンルの二重整形を得意とし、多くのお客様に愛される。

当クリニックの名医 ※特に上手い先生

船橋 卯 (フナバシ シゲル)
近畿大学 医学部 卒業
けいゆう病院 入職
岡山東部脳神経外科病院 勤務
HAAB×DREAM BEAUTY CLINIC 入職
ボトックス・ジュビダームビスタ認定医
  • 脳神経外科専攻医プログラムを終了後、HAAB×DREAM BEAUTY CLINICへ。 糸リフトや脂肪吸引などの小顔施術を始め、皮膚科治療においても多才に活躍。持ち前の手先の器用さと、親しみやすいカウンセリングから小顔指名No.1。

資格 & 実績

  • 二重症例数 30,000件以上
  • 糸リフト(スレッドリフト)症例実績1,000件以上
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 脳神経外科
  • 内分泌代謝内科
  • 麻酔科標榜医
  • 日本救急医学会 ICLS認定医
  • ボトックス・ジュビダームビスタ認定医
    • ※実績はHAABクリニックグループ全体

施術例

ドクターコメント

脂肪吸引のポイントは医師が残す脂肪と取る脂肪を見極めることと、また術後圧迫する事が重要です。体の脂肪吸引は顔の脂肪吸引に比べてダウンタイムの間服で隠す事ができますので3日ほどお家で安静にしていただければ時期を選ぶ事なく手術ができます。
体の脂肪吸引は細かい部分のマルチに行うシリンジ法を当院では推奨しています。機械を使用する事で脂肪を一気に取れるというメリットはありますが取りすぎてしまう、皮膚表面がボコボコするといったリスクもあります。またダウンタイムのない脂肪溶解注射やハイフ、エステなどを組み合わせて術後ケが大切です。また吸引を行う前に減量を行う事によって体全体の美しさを手に入れる事ができます。脂肪吸引だけで脂肪を大量にとるというよりも、どうしても取れない部分を手術でとるという考え方がHAABで提供している痩身ダイエットです。

施術内容の解説

  1. カウンセリング。
    お客様の要望や希望をしっかりとお伺いし、その上でお客様にあった最適の施術をご提案させていただきます。

  2. デザイン
    お客様に鏡をもっていただき、お客様にあった色んなデザインを提案いたします。

  3. マーキング
    仮形成したデザインと相違がでないよう、ペンで正確にマーキングしていきます。

  4. 消毒と麻酔
    顔全体を綺麗に消毒し、清潔な状態にしてあげます、清潔に滅菌した医療布を顔にかけていきます。

  5. 部位によって麻酔の深さを調整し、取り除きたい脂肪層を剥離していく。

  6. フェザリングバーで脂肪層を再度剥離し、吸引管で脂肪を吸引していく。
    左右差を見ながら、取り残しがないか入念に確認する。

  7. 最後にフェザリングバーで吸引箇所を綺麗にならしていく。
    切開部位を縫合して終了。固定バンドをつける

  8. 3日後に固定バンドを外し、1週間後に抜糸する。

安心してご利用いただくために

予約〜施術完了まで

  1. 当院では「電話」・「Web予約」以外にも「各院専用LINE」からのご予約や美容整形に関するご相談「オンラインカウンセリング」も対応可能となっております。 理想の仕上がりを目指すには、カウンセリングに十分な時間をかけることが大切です。 余裕を持った日時にご予約いただくことをオススメ致します。 来店数日前に、最終のご来院意思をご確認させていただきます。
    ※未成年患者さまは、保護者同意書のご持参を必須でご来院お願い致しております。

  2. 受付スタッフへお名前をお伝えいただき、身分証の提示をお願いしてます。
    受付終了後、待合室で問診票・カウンセリングシートをご記入頂きます。

  3. 医師による診察を行います。当院では患者さまが十分に納得したうえでの治療を心がけています。また、患者さまの希望される施術のメリットや副作用のデメリットまで丁寧にお伝えいたします。

  4. デザインや仕上がりイメージのすり合わせが必要な施術の場合、患者さまとデザインを決めを行います。患者さまの骨格や理想に合わせた提案をさせて頂いております。

  5. 当院では施術前のお会計をお願い致しております。
    現金・クレジットカード・デビッドカード・医療ローンからお支払いいただけます。 ※施術後の化粧品等をご購入も可能です。

  6. 施術内容などの最終確認をし、施術を開始します。 患者さまが不安にならないよう、お声がけや施術過程ごとの説明を行っていきます。

  7. 当院では施術は基本的にすべて当日の帰宅が可能です。 術後の注意事項などについても再度ご案内いたしますが、ご不明点は些細なことでもご相談下さい。各院毎に緊急電話番号をご用意しておりますので、何かありましたらいつでもお電話ください。

  8. 当院では術後のアフターケアも責任を持って担当させていただきます。 医師の判断で経過観察させていただく場合がございますが、その際の追加代金は一切発生致しません。モニター施術のお客様は、定期的な来院が必要となります。

アフターフォロー

【当日の注意事項】

  • ご自身での運転によるご来院はお控え下さい。公共交通機関をご利用下さい。
  • 前日のアルコール摂取、下剤のご利用はお控えください。
  • 食事制限がございます。 手術 6 時間前から水・お茶以外の飲食禁止、手術 2 時間前から全ての飲食禁止。
  • 貴金属・貴重品は持参しないでください。
  • 貴金属類、アクセサリー類は全て外してご来院ください。(電気メスを使用する施術の場合、火傷の 可能性がある為。)外せない貴金属、アクセサリーがある場合は施術をお断りさせて頂きます。
  • まつ毛のエクステンションは感染予防のため、外してご来院いただくことを推奨しております。 つけたまま治療を行う場合、感染のリスクが上がる可能性がございます。 お手術中外れてしまう事がございますが、保証はございません。
  • 爪から血中酸素濃度を測るため、ネイルは外してご来院をお願いします。 術後1週間は内出血がひどくならないように長く湯船に浸かったり、マッサージをしたりしないようにしてください。 圧迫する事で肌が引き締まり、シャープなボディラインを形成できます。 マッサージやキャビテーションなどの施術でケアする事によりより拘縮が早く治り、皮膚のボコつきを防止してさらなる相乗効果を期待できます。

よくある失敗

解決策

二顔の脂肪吸引をしましたが頬がこけて老けた印象になりました。

脂肪を取りすぎた、または取るべき部位でない脂肪をとってしまった事で起こるリスクです。しっかりとした君セリングと熟練のドクター選びをする事で回避できます。もしこのような症状が起きてしまった場合は脂肪注入などで改善する場合もあります。一度無くなった脂肪は定着が悪いので定着の良いボリュームのあるこんデンスリッチファットを脂肪注入される事をお勧めします。

皮膚がボコボコしていて凹凸が消えないです。

皮膚表面の脂肪を取りすぎた事によって起こります。その場合は再手術をしてボコつきの原因となる脂肪を再度取り除き、脂肪注入でその凹凸を埋めます。ただそれでも改善しない場合はコラーゲンを生成するレーザーを使用する場合もあります。以上の治療を行なっても改善しない場合もありますので熟練の経験のあるドクター選びが大切です。

顔の脂肪吸引をしたのですが、笑ったら頬の脂肪がまだぷくっとでてしまう。

顔の脂肪吸引は皮膚の上から行い、浅い層の脂肪を吸引します。笑った時に突起するような脂肪は深い層にあるバッカルファットの可能性があります。その場合は口腔内が脂肪を取り出す必要があります。ブルドック状に垂れてしまった脂肪もこの方法で取り除く事ができます。

皮膚がたるんでしまった。

脂肪吸引を行うととった志望のところに空洞ができてしまいます。そのスペースを圧迫するによって自然と引き締まりますが、皮膚がたるんでしまった場合は加齢によりコラーゲンが肌の弾力やハリが減少した事が原因ですのでハイフや糸などの治療の併用を勧めします。

お尻が垂れてしまった。

脂肪の取りすぎが原因ですが、お尻を持ち上げるように脂肪注入する事で改善する場合もあります。

脹脛の脂肪吸引をしましたが全細くなりません。

ふくらはぎは脂肪の他に発達した筋肉があります。筋肉は脂肪吸引できないのでボトックス注射で筋肉を緩ませると改善します。また脂肪吸引はアキレス腱の上の部分しかできないので、足首はむくみをとるようなエステ施術の組み合わせをしてケアすることをお勧めします。

  • ダウンタイムはありますか?いつから仕事へ行けますか?

    見た目のダウンタイムは約1週間ほど続きます。痛みや腫れのピークは3日から4日目ぐらいです。仕事は問題ありませんが圧迫を3日ほど行う事でシャープなフェイスラインの仕上がりなりますのでリモートワークなどでお仕事を数日は行なっていただき、その後はマスク等で隠して外出していただいて問題ありません。

  • 傷跡は目立ちますか?

    傷跡はとても小さくて見えにくいところから吸引します。体の部位の脂肪吸引は皮膚が少したるんでシワができている部分などに作ります。
    頬の全体の脂肪を吸引される場合は左右の耳の後ろでメスを入れて吸引します。傷跡はとても小さく内側は溶ける糸を使用して細かく丁寧に縫い合わせます。そして外側を縫います。傷の場所もわかりにくく傷跡も目立ちません。顎下の脂肪吸引をされる場合は顎の中心部の正面から見て隠れる部分の顎下の見えにくいところに傷跡が残ります。顔の皮膚は体の皮膚と比べて傷が治りやす傷跡は半年もするとほとんど分からなくなります。

  • 手術中は痛いですか?

    手術中の痛みは麻酔を使用するのでありません。痛みが苦手な方は静脈麻酔や全身麻酔なども選択できます。当院には麻酔の専門医が常勤しておりますので患者様にあった麻酔方法をお選びいただきます。

  • 圧迫は必要ですか?

    脂肪吸引を行うと脂肪を除去したところに空洞のスペースができます。その部分を圧迫する事により一層引き締まりますので特にお顔はすっきりとした仕上がりになる子が理想ですので圧迫は重要なアフターケアです。そのスペースが大きく皮膚がたるんでいる方は糸リフトをお勧めします。顔の場合は特ににシャープな輪郭を形成して小顔効果が向上します。またはハイフなどで定期的なメンテナンスを行いますと効果が維持します。
    体は圧迫も必要ですがエステ施術でマッサージやキャビテーション をすることで皮膚の拘縮を早く改善させて引き締まったやめらかなボディラインを形成します。

  • 二の腕の脂肪吸引をしてらどれぐらいで重たい荷物が持てますか?

    1週間は筋肉痛のような痛みがあります。日常生活に支障はありませんが、重たい荷物は2週間ぐらい、激しい運動は1ヶ月ほど開けていただく方が良いと思います。

  • 太腿の脂肪吸引のダウンタイムが長いと聞きましたが本当ですか?

    太腿のダウンタイムが長く感じられやすいです。内出血は他の部位よりも出やすく1ヶ月経っても青黒く消えないことも多く、術後の筋肉痛のような痛みも長く続ききます。太腿の脂肪吸引をされる方は1週間は近くで休まれるとダウンタイムも軽減できますが、仕事に行けないといった日常生活への支障は特にありません。

  • 手術中は痛いですか?

    手術中の痛みは麻酔を使用するのでありません。痛みが苦手な方は静脈麻酔や全身麻酔なども選択できます。当院には麻酔の専門医が常勤しておりますので患者様にあった麻酔方法をお選びいただきます。

  • 二の腕の脂肪吸引をしてらどれぐらいで重たい荷物が持てますか?

    1週間は筋肉痛のような痛みがあります。日常生活に支障はありませんが、重たい荷物は2週間ぐらい、激しい運動は1ヶ月ほど開けていただく方が良いと思います。

  • ダウンタイムはありますか?いつから仕事へ行けますか?

    見た目のダウンタイムは約1週間ほど続きます。痛みや腫れのピークは3日から4日目ぐらいです。仕事は問題ありませんが圧迫を3日ほど行う事でシャープなフェイスラインの仕上がりなりますのでリモートワークなどでお仕事を数日は行なっていただき、その後はマスク等で隠して外出していただいて問題ありません。

  • 傷跡は目立ちますか?

    傷跡はとても小さくて見えにくいところから吸引します。体の部位の脂肪吸引は皮膚が少したるんでシワができている部分などに作ります。 頬の全体の脂肪を吸引される場合は左右の耳の後ろでメスを入れて吸引します。傷跡はとても小さく内側は溶ける糸を使用して細かく丁寧に縫い合わせます。そして外側を縫います。傷の場所もわかりにくく傷跡も目立ちません。顎下の脂肪吸引をされる場合は顎の中心部の正面から見て隠れる部分の顎下の見えにくいところに傷跡が残ります。顔の皮膚は体の皮膚と比べて傷が治りやす傷跡は半年もするとほとんど分からなくなります。

  • 圧迫は必要ですか?

    脂肪吸引を行うと脂肪を除去したところに空洞のスペースができます。その部分を圧迫する事により一層引き締まりますので特にお顔はすっきりとした仕上がりになる子が理想ですので圧迫は重要なアフターケアです。そのスペースが大きく皮膚がたるんでいる方は糸リフトをお勧めします。顔の場合は特ににシャープな輪郭を形成して小顔効果が向上します。またはハイフなどで定期的なメンテナンスを行いますと効果が維持します。 体は圧迫も必要ですがエステ施術でマッサージやキャビテーション をすることで皮膚の拘縮を早く改善させて引き締まったやめらかなボディラインを形成します。

  • 太腿の脂肪吸引のダウンタイムが長いと聞きましたが本当ですか?

    太腿のダウンタイムが長く感じられやすいです。内出血は他の部位よりも出やすく1ヶ月経っても青黒く消えないことも多く、術後の筋肉痛のような痛みも長く続ききます。太腿の脂肪吸引をされる方は1週間は近くで休まれるとダウンタイムも軽減できますが、仕事に行けないといった日常生活への支障は特にありません。

監修医師

東京本院 院長 田中優太

当院では、外科・皮膚科・エステなど、多くの施術をご用意させて頂いています。

全てのお客様に寄り添った美容医療を提供し、満足して頂けるよう全力を尽くす所存です。