医療広告ガイドラインの遵守について

HAABクリニックでは、厚生労働省より2018年6月に改訂・施行された医療広告ガイドラインに沿って、ホームページを運用しています。医療機関として患者さまに的確な情報を提供することを心がけ、適宜に見直しと改善を行ってまいります。 当院のホームページを閲覧するにあたりご不便をお掛けすることもあると思いますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


医療広告ガイドラインとは


医療広告を行う者がその責務として、患者や地域住民等が適切に理解し、治療等の選択に資するよう、客観的で正確な情報の伝達を行うことを目的としています。

国民や患者による医療の適切な選択を支援する観点から、広告禁止事項や広告可能事項が定められています。


広告禁止事項


比較優良、誇大、主観に基づく体験談、医療の内容や効果を誤認させるビフォア・アフター写真、モニター価格やキャンペーン価格のように価格を強調する品位に欠ける広告など


広告可能事項


提供される医療の利点、長所だけでなく、通常必要とされる治療内容、費用、主なリスク・副作用など

詳しくは、医療広告ガイドライン(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。