脂肪吸引 顔

『小顔』『シャープな輪郭』『たるみ解消』など脂肪吸引を希望される理由はたくさんあります。顔の脂肪吸引は頬(ほほ)や顎(あご)周りの脂肪を、皮膚外や口腔内から吸引する手術です。小顔・二重顎・たるみ改善を目的とした 手術です。 お顔に数ミリの穴を開けてカニューレ(吸引管)を使用して脂肪を吸引します。その他手術に比べ小さい部位ですので手術時間は短く、痛みやダウンタイムも少ない点も特徴です。

顔 脂肪吸引の種類と特徴

特徴

顔の脂肪吸引方法には複数種類があります。皮膚表面に小さい数ミリの穴を開けてカニューレ(吸引管)で脂肪を吸引するシリンジ(注射器)法という手作業の脂肪吸引をするのが一般的です。他にも『ベイザー』ように超音波で脂肪を液化して繊維組織を傷つけずに脂肪吸引を行う方法や、『スマートリポレーザー』ようなレーザーを照射して脂肪を溶かし、溶けた脂肪を分解し排出させる小さい部位に特化した方法もあります。

顔の脂肪吸引は頬(ほほ)と顎(あご)周りの脂肪を除去して、すっきりとしたフェイスラインを形成する目的で行います。シャープな輪郭を形成するために、頬全体・バッカルファット(深い層に存在する脂肪)・ジョールファット(あご下に垂れる脂肪)・メーラーファット(ゴルゴラインとほうれい線の間の脂肪)・顎下の二重顎など部分にわけて吸引します。

術後1~2週間ほどで腫れや痛みは治まりますが、術後1ヶ月ぐらいから拘縮(皮膚の縮み)が始まるため、肌が引き締まりすっきりとした輪郭が形成されるまでには約3ヶ月ほどかかります。傷は小さく傷跡が残るリスクも極めて低く、体に比べて顔は吸引範囲が狭いためダウンタイムは軽減されます。

お悩み別おすすめ施術

大きな丸顔を小顔にしたい

顔中心の丸みをなくしたい方は『バッカルファット』の脂肪吸引がおすすめです。ぷっくりとした丸みを持つタイプの方、頬が突っ張っている方、笑った時に頬が突起するタイプの方に効果が見られやすいです。
●バッカルファット 範囲:ほほの深い部分に存在する脂肪 悩み:お顔が大きく見える(しもぶくれタイプ)

輪郭をシャープさせてたい

おすすめ解説: 輪郭をシャープにさせたい場合は『頬(ほほ)の脂肪吸引』に『糸リフトアップ』を組み合わせることによってシャープな輪郭を形成できます。

老け顔を若返らせたい

実年齢よりも老けて見えるタイプの口角が下がっている『ブルドック顔』の方は『バッカルファット』に『ジョールファット』を組み合わせた治療法がお勧めです。口元のもたつきやマリオネットラインが気になる方や顎(あご)をシャープに見せたい方はジョールファット吸引を組み合わせると解消できます。
●バッカルファット 範囲:ほほの深い部分に存在する脂肪 悩み:お顔が大きく見える(しもぶくれタイプ)

●ジョールファット 範囲:口角横、あごに垂れた脂肪 悩み:老けた印象
●メーラーファット 範囲:ゴルゴラインとほうれい線の間に存在する脂肪(笑った時にプックリ膨らむ頬の脂肪) 悩み:お顔が大きく見える(ゴルゴラインとほうれい線の間)

劇的に小顔にしたい

頬(ほほ)全体の脂肪吸引に加え『ジョールファット』と『バッカルファット』手術を組み合わせをします。顔全体からバランスを見ながら脂肪吸引をした後、脂肪が除去したスペースを圧迫するように『糸リフト』で引き上げてるとさらに小顔を形成する事ができます。
●バッカルファット 範囲:ほほの深い部分に存在する脂肪 悩み:お顔が大きく見える(しもぶくれタイプ)

●ジョールファット 範囲:口角横、あごに垂れた脂肪 悩み:老けた印象

二重顎(あご)

二重顎に顎下の脂肪吸引がお勧めです。エラが張っている場合は『ボトックス注射』を併組み合わせることで、さらにシュッとした輪郭(フェイスライン)を形成できます。

加齢で脂肪が下がっていてハリがない

メーラーファットやジュールファットを組み合わせます。さらに皮膚のたるみがある方は『糸リフト』が組み合わせて、引き締まった若々しい輪郭を形成します。また弾力を加えるためにコンデンスリッチファット(自家脂肪を濃縮した良質な脂肪)で脂肪注入を組み合わせるとハリのあるさらに若々しい印象になります。
●ジョールファット 範囲:口角横、あごに垂れた脂肪 悩み:老けた印象
●メーラーファット 範囲:ゴルゴラインとほうれい線の間に存在する脂肪(笑った時にプックリ膨らむ頬の脂肪) 悩み:お顔が大きく見える(ゴルゴラインとほうれい線の間)

卵のような輪郭で女優顔に

バッカルファット・ジョールファット・メーラファットを組み合わせ、ヒアルロン酸をほうれい線や頬がこけている部分へ注入して、顔の凹凸を全てなくす卵形の輪郭をつくります
●バッカルファット 範囲:ほほの深い部分に存在する脂肪 悩み:お顔が大きく見える(しもぶくれタイプ)

●ジョールファット 範囲:口角横、あごに垂れた脂肪 悩み:老けた印象
●メーラーファット 範囲:ゴルゴラインとほうれい線の間に存在する脂肪(笑った時にプックリ膨らむ頬の脂肪)悩み:お顔が大きく見える(ゴルゴラインとほうれい線の間)

施術プラン

HAABクリニックの顔 脂肪吸引の特徴

HAABでは、オリジナルの小顔メソッドを提供しています。患者様の目的に合わせ様々な治療や施術を提供しております。ただ脂肪を取ることだけではなく、『残すべき脂肪』と『取るべき脂肪』を見極め、健康的ですっきりしたフェイスラインを形成します。

どの角度から見てもきれいな輪郭を作るために 骨格・筋肉・皮膚のたるみに合わせて脂肪吸引に『脂肪注入』『ヒアルロン酸』『糸リフト』『ボトックス』『レーザー治療(ハイフ)』『人参注射(脂肪溶解注射)』などを組み合わせて患者様の最大限の美を引き出す『HAAB小顔メソッド』を提供しています。

プラン比較


最強小顔メソッド顔のたるみ引き締めコース
効果小顔になる老化によるたるみに効果的
ダウンタイム1週間~2週間1週間~2週間
内出血・痛み腫れ

顔 脂肪吸引が可能な部位

顔 脂肪吸引 施術可能部位
顔 脂肪吸引 施術可能部位

施術の値段

脂肪吸引【頬(ほほ)】通常価格250,000円
脂肪吸引【顎下(あごした)】通常価格250,000円
脂肪吸引【頬+顎下】通常価格400,000円
※税込価格

モニターキャンペーン

現在行っているモニターキャンペーンはありません

当院で利用している医療器具

医療ハイフ

アフターケア:医療ハイフ
『ハイフ』は超音波を照射することによって皮膚深層部のコラーゲンの合成とたるんだ筋膜を活性化する事ができるため脂肪吸引の引き締め効果をし、理想の仕上がりに近づけます。
『エラーズハイフ』はさらなる脂肪の溶解と引き締めを行います。皮膚の表面に近い部分は取りすぎると凹つきが出ますので、その部分には皮下脂肪に微調整が簡単にできるHAABオリジナルの人参注射(高麗人参由来の脂肪溶解注射)を使用する事で、さらに美しい輪郭を形成できます。

フォーエバーヤング

フォーエバーヤング(フェイシャルトリートメント)
特殊なペプチド(肌のターンオーバーを促すアミノ酸の一種)配合の引き締め専用フェイシャルトリートメントを定期的に受けていただくことで、糸リフトの効果を向上させます。HAABでしか体験できないアフターケアーを是非体感ください。

麻酔

麻酔
麻酔液を薄めた止血効果がある液を脂肪吸引する部位へ先に散布することで、ダウンタイムの軽減と脂肪を柔らかくして、取り出しやすくする『チュメセント法』で麻酔をかけていきます。通常は、静脈麻酔(局所麻酔より強く、全身麻酔より弱い)で行いますが、当院では麻酔科のドクターが常勤しておりますので痛みの弱いかたに『全身麻酔』も安全に行う事ができます。

施術後のダウンタイム(経過イメージ)とリスク

施術後のダウンタイム

施術時間施術時間は約30分/1部位の目安になります。 ※施術箇所/範囲によっては異なる場合があります。 ※上記時間にはデザイン、消毒など準備時間も含まれております。
麻酔全身麻酔もしくは静脈麻酔(全身麻酔よりも弱い)を使用いたします。 常勤の麻酔科医が在籍している為、安全に行うことができます。
腫れ・傷跡傷は5ミリ程度で極力目立ちにくい場所にしております。 内出血及び腫れは1週間~2週間になります。 浮腫みや硬さが完全に戻るには約3カ月かかります。 ※生活に支障はありません。
通院ペース通院ペースは、術後1週間/1カ月/3カ月/6か月の経過観察をお勧めしております。
お薬当院では、消炎剤/鎮痛剤/抗生物質/胃薬/目薬を処方しております。
メイクメイクは術後当日からメイク可能です(傷部分以外)。
洗顔・シャワー・入浴シャワーや洗顔は術後24時間後可能です。
入浴は術後2~3日はお控えください。
備考術後1カ月はお顔のマッサージはお控えください。

経過イメージ

施術後は内出血が見られます。手術当日は痛みが出てくるため、鎮痛剤や抗生物質を服用します。術後翌日から腫れと浮腫(むくみ)が出てきますが1~2週間で治まります。術後1ヶ月後から皮膚の拘縮(皮膚の縮小)が始まり、術後3ヶ月で全ての症状が緩和され引き締まった輪郭(フェイスライン)が現れます。
※以下の施術例
顎下脂肪吸引とバッカルファット除去の複合施術

手術前

1週間後

1ヶ月後

リスク

顔の脂肪吸引のリスクは 痛み・腫れ・むくみ・内出血・しびれ・知覚障害・拘縮(皮膚の硬化)皮膚の凹凸・傷口の色素沈着です。脂肪吸引行うと皮膚表面が凸凹したように感じますが 脂肪を取り除いた部分に一時的に空洞できている現象の為、3カ月程度で治まります。

エステティシャンによるマッサージや美容機械で熱を加えて皮膚を柔らかくして、むくみをとることにより皮膚の凹つきが早く修復されます。脂肪を取りすぎる事によってできた皮膚の凹凸は再手術やその他治療が必要となります。

脂肪吸引は、脂肪を取り方・取る範囲・取る量によっては『たるみ』・『こける』・『凹つき』の原因になるため、医師のカウンセリングのもと慎重に行う必要があります。

HAABクリニックの施設概要

施術可能な店舗

施設名HAAB x DREAM BEAUTY CLINIC
東京本院(原宿)
所在地東京都渋谷区神宮前1-10-5 FPG links JINGUMAE
電話03-6384-5121
(予約専用コールセンター)
緊急連絡先 03-6459-2155 (予約不可)
受付時間 10:00~19:00
営業時間10:00〜19:00
定休日不定休(1/1~1/3休業日)
アクセスJR 原宿駅表参道口より徒歩2分
東京メトロ 明治神宮前駅3番出口より徒歩2分

院長

田中 優太 (タナカ ユウタ)
獨協医科大学 医学部卒業
東邦大学医療センター大森病院勤務
湘南美容クリニック 入職
湘南美容クリニック 川崎院 院長就任
湘南美容クリニック 赤坂見附院 院長就任
HAAB × DREAM BEAUTY CLINIC 東京本院 開院
  • 湘南美容外科を経て、HAAB DREAM BEAUTY CLINIC 東京本院を立ち上げる。
  • 男性から女性まで幅広いジャンルの二重整形を得意とし、多くのお客様に愛される。

当クリニックの名医 ※特に上手い先生

船橋 卯 (フナバシ シゲル)
近畿大学 医学部 卒業
けいゆう病院 入職
岡山東部脳神経外科病院 勤務
HAAB×DREAM BEAUTY CLINIC 入職
ボトックス・ジュビダームビスタ認定医
  • 脳神経外科専攻医プログラムを終了後、HAAB×DREAM BEAUTY CLINICへ。 糸リフトや脂肪吸引などの小顔施術を始め、皮膚科治療においても多才に活躍。持ち前の手先の器用さと、親しみやすいカウンセリングから小顔指名No.1。

資格 & 実績

  • 二重症例数 30,000件以上
  • 糸リフト(スレッドリフト)症例実績1,000件以上
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 脳神経外科
  • 内分泌代謝内科
  • 麻酔科標榜医
  • 日本救急医学会 ICLS認定医
  • ボトックス・ジュビダームビスタ認定医
    • ※実績はHAABクリニックグループ全体

施術例

ドクターコメント

脂肪吸引は1日で確実に脂肪が除去できる人気の治療になります。脂肪の取り方・取る範囲・取る量によっては『たるみ』・『こける』・『凹つき』の原因になるため、医師のカウンセリングのもと慎重に行う必要があります。『残すべき脂肪』と『取るべき脂肪』を見極める必要があります。HAABでは、脂肪吸引に加えて『脂肪注入』『ヒアルロン酸』『糸リフト』『ボトックス』『レーザー治療(ハイフ)』『人参注射(脂肪溶解注射)』などを組み合わせることで、患者様の目的にあったベストな方法をご提案いたします。

施術後の経過例

施術直後

施術直後は内出血が見れられます。麻酔を薄めた液が傷口から出て薄い流血が出る場合があります。 施術当日はジンジンと痛みが増す場合あがあります。手術当日は安静にお過ごしください。翌日は腫れが増してきます。だんだん浮腫が出てくるのでしっかりと圧迫をしてください。圧迫をする事で引き締まりすっきりとした仕上がりになります。

1週間後

腫れは落ち着いてきます。日常生活は問題ないですが激しい運動はお控えください。むくみは2週間かけて少なくなってきます。内出血もほとんどなくなります。この時期でも圧迫をされますと仕上がりが一層引きあがり効果が向上します。

1ヶ月後

腫れ、内出血、むくみはなくなりますが皮膚表面がボコボコ硬くなるケースもあります。これは自然な治癒過程です。脂肪をなくなったスペースができる事により起こります。この拘縮は最長でも3ヶ月ほどで自然と無くなります。 顔の脂肪吸引はアフターケアとしてハイフや糸を使用するとさらにすっきりとした輪郭を形成してくれます。その場合は術後1ヶ月後から可能です。

施術内容の解説

  1. カウンセリング。 お客様の要望や希望をしっかりとお伺いし、その上でお客様にあった最適の施術をご提案させていただきます。

  2. デザイン お客様にあった色んなデザインをご提案させていただきます

  3. マーキング 仮形成したデザインと相違がでないよう、吸引箇所をペンで正確にマーキングしていきます。

  4. 消毒 顔全体を綺麗に消毒し、清潔な状態にしてあげます、清潔に滅菌した医療布を顔にかけていきます。

  5. 部位によって麻酔の深さを調整し、取り除きたい脂肪層を剥離していきます。

  6. フェザリングバーで脂肪層を再度剥離し、吸引管で脂肪を吸引していく。 左右差を見ながら、取り残しがないか入念に確認します。

安心してご利用いただくために

予約〜施術完了まで

  1. 当院では「電話」・「Web予約」以外にも「各院専用LINE」からのご予約や美容整形に関するご相談「オンラインカウンセリング」も対応可能となっております。 理想の仕上がりを目指すには、カウンセリングに十分な時間をかけることが大切です。 余裕を持った日時にご予約いただくことをオススメ致します。 来店数日前に、最終のご来院意思をご確認させていただきます。
    ※未成年患者さまは、保護者同意書のご持参を必須でご来院お願い致しております。

  2. 受付スタッフへお名前をお伝えいただき、身分証の提示をお願いしてます。
    受付終了後、待合室で問診票・カウンセリングシートをご記入頂きます。

  3. 医師による診察を行います。当院では患者さまが十分に納得したうえでの治療を心がけています。また、患者さまの希望される施術のメリットや副作用のデメリットまで丁寧にお伝えいたします。

  4. デザインや仕上がりイメージのすり合わせが必要な施術の場合、患者さまとデザインを決めを行います。患者さまの骨格や理想に合わせた提案をさせて頂いております。

  5. 当院では施術前のお会計をお願い致しております。
    現金・クレジットカード・デビッドカード・医療ローンからお支払いいただけます。 ※施術後の化粧品等をご購入も可能です。

  6. 施術内容などの最終確認をし、施術を開始します。 患者さまが不安にならないよう、お声がけや施術過程ごとの説明を行っていきます。

  7. 当院では施術は基本的にすべて当日の帰宅が可能です。 術後の注意事項などについても再度ご案内いたしますが、ご不明点は些細なことでもご相談下さい。各院毎に緊急電話番号をご用意しておりますので、何かありましたらいつでもお電話ください。

  8. 当院では術後のアフターケアも責任を持って担当させていただきます。 医師の判断で経過観察させていただく場合がございますが、その際の追加代金は一切発生致しません。モニター施術のお客様は、定期的な来院が必要となります。

アフターフォロー

当日してはいけないこと・おうちでのケア

【術後、ご自宅でのケア】
血流を良くすると内出血が悪化するため、術後2~3日湯船に浸かったり、術後1カ月はお顔のマッサージは避けてください。内出血はファンデーションで隠れる程度のためご安心ください。また、フェイスバンドで圧迫する事で肌が引き締まり、シャープなフェイスラインを形成できます。

術後1~2週間ほど腫れや浮腫ががありますが、ひどい腫れや炎症が現れた場合には、すぐに受診をしてください。術後の経過は通院いただき医師が状態を確認いたしますのでご安心ください。

よくある失敗

解決策

頬(ほほ)がこけた

頬がこけた原因が脂肪の取りすぎの場合は、こめかみやほうれい線へヒアルロン酸やコンデンスリッチファット(自家脂肪を濃縮した良質な脂肪)を入れて必要なボリュームを足します。またこけの原因は、取るべき部位でない脂肪をとってしまったり、脂肪の取りすぎで起こるリスクです。しっかりと事前カウセリングをして、熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。

皮膚が凸凹している/皮膚がたるんだ

吸引行うと皮膚表面が凸凹したように感じますが 脂肪を取り除いた部分に一時的に空洞できている現象の為、3カ月程度で治まります。凹つきが治まらない場合は、脂肪やヒアルロン酸などを状態に合わせて注入いたします。熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。

効果が感じられない

バッカルファットは適用にならない場合が多い手術です。お顔の脂肪吸引といっても、バッカルファット(深い層に存在する脂肪)やジョールファット(あご下に垂れる脂肪)・メーラーファット(ゴルゴラインとほうれい線の間の脂肪)・その他の皮下脂肪など様々あり、適用する脂肪部位を再手術する必要があります。

  • 傷跡は目立ちますか?

    お顔の脂肪吸引方法は複数ありますが、全般的に非常に目立ちにくいです。 頬の全体の脂肪吸引の場合は、左右の耳の後ろでメスを入れて吸引します。傷跡は分かりにくく目立ちません。 あご下の脂肪吸引の場合は、顎の中心部の正面からは隠れる部分に傷跡があるため目立ちません。また顔の皮膚は体の皮膚と比べて傷が治りやすく、傷跡は半年もするとほとんど分からなくなります。 バッカルファットなどの脂肪吸引は、口の中に5ミリほどの穴を開けて脂肪を取り出すため、傷跡は外見にはつきません。その後、溶ける糸で縫い合わせます。

  • 食事や歯磨きはでますか?

    可能です。注意点は、食べる際にゆっくり口を動かし、歯磨きや飲む際に水圧を強くかけないように優しく動かすことになります。術後から飲食はできますが、術後2日間は飲食後を口を濯いで感染予防をするようにしてください。傷が完治するまでは、刺激の強い食べ物や飲み物は避けてください。

  • 術後はフェイスバンドなどは必要ですか?

    フェイスバンドの着用をお勧めしています。脂肪吸引は皮膚自体を引き上げる治療法(糸施術など)とは異なるためファイスバンド着用は必須ではないですが、術後1週間ほど着用して圧迫することで、ダウンタイムが軽減され、仕上がりも良くなります。ハイフ(超音波による肌の引き締め)などで定期的なメンテナンスを行いますと効果が維持します。

  • ダウンタイムはどのくらいですか?いつから仕事へ行けますか?

    個人差はありますが1週間~2週間です。痛みや腫れのピークは3日から4日目ぐらいになります。仕事に支障ははありませんが、フェイスバンドで圧迫を術後3日ほど行うことで、よりシャープなフェイスラインの仕上がりなるため、術後数日間リモートワークや休暇などでお顔を見せなくて良い状況が作れる前日に手術されることをお勧めします。

  • 脂肪吸引で頬(ほほ)がこけることはありますか?

    頬がこけるリスクはあります。こけの原因は、取るべき部位でない脂肪をとってしまったり、脂肪の取りすぎで起こるリスクです。しっかりと事前カウセリングをして、熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。こけてしまった後の対処法としては、コンデンスファットリッチ(自家脂肪を濃縮した良質な脂肪)など定着しやすく、ボリュームのある脂肪を注入することをお勧めします。術前にしっかりとカウンセリングを行い、様々な角度から見たお顔全体のバランスを確認しながら手術プランを考えると理想のお顔に近づけます。

  • 手術中は痛いですか?

    手術中の痛みは麻酔を使用するため痛みは感じません。痛みが苦手な方やご不安な方は、通常の局所麻酔より強い静脈麻酔や全身麻酔なども選択できます。当院には麻酔の専門医が常勤しておりますので、患者様のご希望にあった麻酔方法をお選びいただきます。

監修医師

船橋 卯 医師

HAAB×DREAM BEAUTY CLINICでは、外科・皮膚科・エステなど、多くの施術をご用意させて頂いています。全てのお客様に寄り添った美容医療を提供し、満足して頂けるよう全力を尽くす所存です。