顔 脂肪吸引

HAAB横浜院では、経験豊富な船橋医師によるカウンセリングのもと、理想の仕上がりに近づける最適な施術をご提案致します。顔にメスを入れるのが怖い方やお顔脂肪吸引にて出来てしまった傷跡が不安な方はご安心頂けるように症例写真をお見せしたりとしっかりとご説明させて頂きます。

顔 脂肪吸引の種類と特徴

施術プラン

横浜院の顔 脂肪吸引の特徴

HAAB横浜院では、吸引施術経験の豊富な小顔王子の船橋院長による施術が受けられます。お悩みを解消出来るのかをカウンセリングにてしっかりと判断頂きます。取りすぎてしまうと、コケて老けて見えてしまったり、デコボコして脂肪を入れる修正になってしまったりなどのリスクもございます。輪郭をシャープにしたいという患者様には、顔脂肪吸引ではなく糸を使用した引き上げ施術をご提案させて頂いたり等様々なご提案もさせて頂きます。

プラン比較


最強小顔メソッド顔のたるみ引き締めコース
効果小顔になる老化によるたるみに効果的
ダウンタイム1〜2週間2週間
内出血、痛み内出血、痛み、腫れ内出血、痛み、腫れ

顔 脂肪吸引が可能な部位

施術の値段

脂肪吸引
注射
5x5cm通常価格¥79,800
モニター価格¥63,800
脂肪吸引
頬(ほほ)通常価格¥250,000
モニター価格¥200,000
顎下(あごした)通常価格¥250,000
モニター価格¥200,000
頬+顎下通常価格¥400,000
モニター価格¥320,000

※税込価格

外科オプションメニュー

麻酔貼付、クリーム麻酔+¥3,500
笑気麻酔+¥10,000
局所+笑気麻酔+¥13,500
静脈麻酔+¥50,000
全身麻酔 ※①+¥165,000

 ※お顔の脂肪吸引は静脈麻酔になります。 ※税込価格

※① 以下に当てはまる場合

全身麻酔鼻オペのうち他院修正、助軟骨移植、鼻骨削りのいずれか/豊胸/脂肪吸引(体)
医師がリスク管理が必要であると判断した場合
¥200,000

※税込価格

切開系施術のオプションメニュー

他院 抜糸(1部位) 通常価格¥20,000
他院 切開修正通常価格+20%
ドリーム式通常価格+¥85,000
ドリーム式
※瞼の脂肪取りの場合
通常価格+¥55,000

※税込価格

モニターキャンペーン

現在行っているモニターキャンペーンはありません

当院で利用している医療器具

脂肪吸引器

脂肪吸引術において皮下脂肪を除去するた めの専用のカニューレとともに使用する、リポサクションユニットFMO-55-IIを使用しております。(別モデルを使用している場合がございますので各院にお問い合わせください)

麻酔

チュメセント法を行なっております。 麻酔液を薄めた止血効果がある液を脂肪吸引する部位へ先に散布することで、ダウンタイムの軽減と脂肪を柔らかく取り出しやすくするチュメセント法で麻酔をかけていきます。静脈麻酔で行いますが、 当院では麻酔科のドクターが常勤しておりますので痛みの弱いかたに全身麻酔も安全に行う事ができます。

オススメのアフターケア

アフターケア-医療ハイフ-

医療ハイフ(ボディハイフ)

超音波を照射し、皮膚深層部のコラーゲンの合成とたるんだ筋膜を活性化する為、脂肪吸引の引き締め効果を実感できます。
皮膚の表面に近い部分は脂肪を取りすぎるとボコつきが出ますのでその部分には皮下脂肪の絶妙な調整が簡単にできHAABオリジナル人参注射を併用する事でさらに理想のラインを追求できます。

フォーエバーヤング

フォーエバーヤング(フェイシャルトリートメント)

特殊なペプチド(肌のターンオーバーを促すアミノ酸の一種)配合の引き締め専用フェイシャルトリートメントを定期的に受けていただくことで、糸リフトの効果を向上させます。HAABでしか体験できないアフターケアーを是非体感ください。

施術後のダウンタイム(経過イメージ)とリスク

施術後のダウンタイム

施術時間施術時間は約30分/1部位の目安になります。
※施術箇所/範囲によっては異なる場合があります。
※上記時間にはデザイン、消毒など準備時間も含まれております。
麻酔全身麻酔もしくは静脈麻酔(全身麻酔よりも弱い)を使用いたします。 常勤の麻酔科医が在籍している為、安全に行うことができます。
腫れ、傷跡傷は5ミリ程度で極力目立ちにくい場所にしております。 内出血及び腫れは1週間~2週間になります。 術後1ヵ月で硬縮が出現し、完全には約3カ月かかります。 ※生活に支障はありません。
通院ペース通院ペースは、術後1週間/1カ月/3カ月/6か月の経過観察をお勧めしております。
お薬当院では、消炎剤/鎮痛剤/抗生物質/胃薬
メイクメイクは術後翌日からメイク可能です(傷部分以外)。
洗顔、シャワー、入浴シャワーや洗顔は術後24時間後可能です。
入浴は術後2~3日はお控えください。
備考術後1カ月はお顔のマッサージはお控えください。

経過イメージ

顎下脂肪吸引とバッカルファット除去の複合施術

手術前

1週間後

1ヶ月後

施術後は内出血が見られます。手術当日は痛みが出てくるため、鎮痛剤を服用します。術後翌日から腫れと浮腫(むくみ)が出てきますが1~2週間で治まります。術後1ヶ月後から皮膚の硬縮が始まり、術後3ヶ月で全ての症状が緩和され引き締まった輪郭(フェイスライン)が現れます。

リスク

顔の脂肪吸引のリスクは 痛みや腫れ、むくみ、内出血、しびれ、知覚障害、硬縮、皮膚の凹凸、傷口の色素沈着です。脂肪吸引も行うと皮膚表面が凸凹したように感じますが、1~2ヶ月程度で治まります。
脂肪を取りすぎる事によってできた皮膚の凹凸は再手術やその他治療が必要となることがあります。
脂肪吸引は、脂肪を取り方や取る範囲、取る量によっては『たるみ』『こける』『凹つき』の原因になるため、医師のカウンセリングのもと慎重に行う必要があります。

横浜院の施設概要

横浜院
施設名HAAB BEAUTY CLINIC 横浜院
所在地横浜市神奈川区鶴屋町3-35-11
ストーク横浜二番館102
電話0120-25-0125(予約専用コールセンター)
営業時間平日 11:00~21:00
土曜 10:00~20:00
日曜/祝日 10:00~19:00
定休日不定休
アクセス横浜駅 徒歩5分

資格 & 実績

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 脳神経外科
  • 内分泌代謝内科
  • 麻酔科標榜医
  • 日本救急医学会 ICLS認定医
  • ボトックス/ジュビダームビスタ認定医

※実績はHAABクリニック全体

施術例

吸引箇所:頬、顎下

吸引量:50ml

ドクターコメント

脂肪吸引は1日で確実に脂肪が除去できる人気の治療になります。脂肪の取り方や取る範囲、取る量によっては『たるみ』『こける』『凹つき』の原因になるため、医師のカウンセリングのもと慎重に行う必要があります。『残すべき脂肪』と『取るべき脂肪』を見極める必要があります。HAABでは、脂肪吸引に加えて『脂肪注入』『ヒアルロン酸』『糸リフト』『ボトックス』『レーザー治療(ハイフ)』『人参注射(脂肪溶解注射)』などを組み合わせることで、患者様の目的にあったベストな方法をご提案いたします。

施術後の経過例

施術直後

施術直後は内出血が見れられます。 施術当日はジンジンと痛みが増す場合あがあります。手術当日は安静にお過ごしください。翌日は腫れ出てくるのでしっかりと圧迫をしてください。圧迫をする事で引き締まりすっきりとした仕上がりになります。

1週間後

腫れは落ち着いてきます。日常生活は問題ないですが激しい運動はお控えください。むくみは2週間かけてなくなってきます。内出血もほとんどなくなります。

1ヶ月後

腫れ、内出血、むくみはなくなりますが皮膚表面が硬くなるケースもあります。これは自然な治癒過程です。この硬縮は最長でも3ヶ月ほどで自然と無くなります。 顔の脂肪吸引はアフターケアとしてハイフや糸を使用するとさらにすっきりとした輪郭を形成してくれます。その場合は術後1ヶ月後から可能です。

施術内容の解説

  1. カウンセリング,デザイン

    お客様の要望や希望をしっかりとお伺いし、その上でお客様にあった最適の施術、デザインをご提案させていただきます。

  2. マーキング

    仮形成したデザインと相違がでないよう、吸引箇所をペンで正確にマーキングしていきます。

  3. 消毒

    顔全体を綺麗に消毒し、清潔な状態にしてあげます、清潔に滅菌した医療布を顔にかけていきます。

  4. 脂肪吸引

    部位によって麻酔の深さを調整し、取り除きたい脂肪層をフェザリングバーで剥離していき、吸引管で脂肪を吸引していく。 左右差を見ながら、取り残しがないか入念に確認します。

  5. 仕上げ

    最後にフェザリングバーで吸引箇所を綺麗にならしていく。切開部位を縫合して終了。画像の固定バンドを付け定着させます。

  6. ご帰宅

    当日ご帰宅可能です。注意事項を守りお過ごし下さい。必要であれば、1週間後に抜糸を行います。

安心してご利用頂くために

予約〜施術完了まで

安心してご利用頂くためにSP

アフターフォロー

血流を良くすると内出血が悪化するため、術後2~3日湯船に浸かったり、術後1カ月はお顔のマッサージは避けてください。内出血はファンデーションで隠れる程度のためご安心ください。また、フェイスバンドで圧迫する事で肌が引き締まり、シャープなフェイスラインを形成できます。

術後1~2週間ほど腫れや浮腫ががありますが、ひどい腫れや炎症が現れた場合には、すぐに受診をしてください。術後の経過は通院いただき医師が状態を確認いたしますのでご安心ください。

よくある失敗

解決策

頬(ほほ)がこけてきた。

こけの原因は、取るべき部位でない脂肪をとってしまったり、脂肪の取りすぎで起こるリスクです。しっかりと事前カウセリングをして、熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。

皮膚が凸凹してしまった。皮膚がたるんできた。

吸引を行うと皮膚表面が凸凹したように感じますが、脂肪を取り除いた部分に一時的に空洞できている現象の為、3カ月程度で治まります。熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。

よくあるご質問

  • 横浜院では、食事や歯磨きはでますか?
    横浜院では、可能です。注意点は、食べる際にゆっくり口を動かし、歯磨きや飲む際に水圧を強くかけないように優しく動かすことになります。術後から飲食はできますが、術後2日間は飲食後を口を濯いで感染予防をするようにしてください。傷が完治するまでは、刺激の強い食べ物や飲み物は避けてください。
  • 横浜院では、術後はフェイスバンドなどは必要ですか?
    横浜院では、フェイスバンドの着用をお勧めしています。脂肪吸引は皮膚自体を引き上げる治療法(糸施術など)とは異なるためファイスバンド着用は必須ではないですが、術後1週間ほど着用して圧迫することで、ダウンタイムが軽減され、仕上がりも良くなります。ハイフ(超音波による肌の引き締め)などで定期的なメンテナンスを行いますと効果が維持します。
  • 横浜院では、ダウンタイムはどのくらいですか?いつから仕事へ行けますか?
    横浜院では、個人差はありますが1週間~2週間です。痛みや腫れのピークは3日から4日目ぐらいになります。仕事に支障ははありませんが、フェイスバンドで圧迫を術後3日ほど行うことで、よりシャープなフェイスラインの仕上がりなるため、術後数日間リモートワークや休暇などでお顔を見せなくて良い状況が作れる前日に手術されることをお勧めします。
  • 横浜院では、脂肪吸引で頬(ほほ)がこけることはありますか?
    横浜院では、頬がこけるリスクはあります。こけの原因は、取るべき部位でない脂肪をとってしまったり、脂肪の取りすぎで起こるリスクです。しっかりと事前カウセリングをして、熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。こけてしまった後の対処法としては、コンデンスファットリッチ(自家脂肪を濃縮した良質な脂肪)など定着しやすく、ボリュームのある脂肪を注入することをお勧めします。術前にしっかりとカウンセリングを行い、様々な角度から見たお顔全体のバランスを確認しながら手術プランを考えると理想のお顔に近づけます。