バッカルファット除去

HAAB大阪梅田院のバッカルファット施術は、カウンセリング時に患者様の将来を見据えて取る摘出量をしっかりと判断し、一人一人に合った仕上がりを想定しながら、患者様と相違の無いように治療に入ります。経験豊富な医師達による施術で、お悩みを解消し、ご満足いただける理想の治療をお手伝い致します。

バッカルファット除去の種類と特徴

施術プラン

大阪梅田院のバッカルファット除去の特徴

当院では、単に脂肪を取ることだけではなく、必要な脂肪と必要でない脂肪を『将来を見据た判断』を行い、患者様の長期的な美しさを設計し脂肪除去を行います。今不要に思える脂肪を安易に取ってしまうと、将来頬(ほほ)がこけてしまうリスクもあります。当院では、オリジナルの小顔メソッドを提供しています。患者様の目的に合わせ様々な治療や施術を提供しています。例えば、『美しい輪郭』を形成するために、注入(ヒアルロン酸など)という施術も併せて提供します。シャープで引き上がった『美しいフェイスライン』を提供するために、スレッド(糸施術)やハイフ(熱で皮膚の内側から肌を引き締める痩身治療)などを併用します。当院でしか受けることのできない『HAAB小顔メソッド』を是非ご体験してください。

バッカルファット除去施術

大きな丸顔を小顔にしたい

顔中心の丸みをなくしたい方は『バッカルファット』がおすすめです。ぷっくりとした丸みを持つタイプの方 、頬が突っ張っている方、笑った時に頬が突起するタイプの方に効果が見られやすいです。

●バッカルファット

範囲:ほほの深い部分に存在する脂肪

悩み:お顔が大きく見える(しもぶくれタイプ)

ジョールファットとの組み合わせ

老け顔を若返らせたい

実年齢よりも老けて見えるタイプの口角が下がっている『ブルドック顔』の方は『バッカルファット』に『ジョールファット』を組み合わせた治療法がお勧めです。口元のもたつきやマリオネットラインが気になる方や顎(あご)をシャープに見せたい方はジョールファット吸引を組み合わせると解消できます。

●ジョールファット

範囲:口角横、あごに垂れた脂肪

悩み:老けた印象

ジョールファットとメーラファットとの組み合わせ

卵のような輪郭で女優顔に

バッカルファット、ジョールファット、メーラファットを組み合わせ、ヒアルロン酸や脂肪をほうれい線や頬がこけている部分や凹んでいる額へ注入して、顔の凹凸を全てなくす卵形の輪郭をつくります

●メーラーファット 範囲:ゴルゴラインとほうれい線の間に存在する脂肪(笑った時にプックリ膨らむ頬の脂肪) 悩み:お顔が大きく見える(ゴルゴラインとほうれい線の間)

顎下脂肪吸引との組み合わせ

スッキリしたVラインを作りたい

バッカルファットで少量の脂肪を除去し、顎下(あごした)の脂肪吸引で二重顎を除去、さらにスレッド(糸)で引き上げることにより、余計な脂肪がなくなったスペースを圧迫して引き上げる満足度の高い治療法となります。

当院で利用している医療器具

アングルワイダー

アングルワイダー

施術時に口唇の口角部を、長時間でも無理なく、左右に開口する補助器具です。

バイポーラ

バイポーラ

施術時に電流を使い止血や凝固の際に使用する電気メスです。

麻酔

医療器具:麻酔

局所麻酔、笑気麻、静脈麻酔を使用します。

施術の値段

バッカルファット除去通常価格¥300,000
モニター価格¥250,000
メーラーファット通常価格¥300,000
モニター価格¥250,000
ジョールファット通常価格¥300,000
モニター価格¥250,000

※税込価格

施術後のダウンタイム(経過イメージ)とリスク

施術後のダウンタイム

施術時間施術時間は約30分程度となります。 ※施術範囲によっては異なる場合がございます。
麻酔麻酔は局所麻酔(+笑気麻酔)を使用いたします。 常勤の麻酔科医が在籍している為、安全に行うことができます。 ※笑気麻酔は、鎮静、睡眠、鎮痛作用を持ち、リラックスした状態になり、痛みを感じにくくなる吸入麻酔薬の一種です。(オプション) ※麻酔の強さ:全身麻酔>静脈麻酔>局所麻酔
腫れや傷跡内出血や腫れは1~2週間程度で落ち着きます。 傷は口腔内の為、外見で見える傷はつきません。 術後1ヵ月程度で自然に馴染んでいき、6か月目安で完成いたします。
通院ペース術後1週間と1カ月と3カ月の経過観察をお勧めしております。
お薬当院では、消炎剤/鎮痛剤/抗生物質/胃薬を処方しております。
メイク術後当日からメイク可能です。
洗顔/シャワー/入浴シャワーや洗顔は術後24時間後可能です。 入浴は術後2~3日はお控えください。
備考術後1カ月はお顔のマッサージはお控えください。

経過イメージ

当日

1週間後

1ヶ月後

5ヶ月後

バッカルファット除去/頬顎下脂肪吸引/糸リフト/エラボトックスの複合経過イメージ

バッカルファットは口の中から脂肪を吸引するため、術後当日は腫れも少なく、傷口が外にないためお化粧をして帰れます。口の中の粘膜に傷跡があるため、食事をする時に違和感はあります。口をゆすぐ際には、水圧をかけないようにしてください。腫れや内出血は1~2週間で治まります(内出血しない場合もあります)。術後1ヵ月でスッキリとしたフェイスラインになりますが、脂肪除去した部分が拘縮(しこりができる)する場合がありますが3ヶ月ほどで治まります。術後の経過は通院いただき医師が状態を確認いたしますのでご安心ください。

リスク

バッカルファットは、脂肪の取り方や範囲、取る量によっては『たるみ』『こける』『凹つき』原因になるため、医師のカウンセリングのもと慎重に行う必要があります。

リスクの例としては、脂肪を取りすぎて頬(ほほ)がこけてしまうこと、お顔に左右が出る、皮膚が張った感覚や口内の違和感が治りにくい。見た目の変化があまり見られないことなどが挙げられます。

HAABクリニックの施設概要

施術可能な店舗

大阪梅田院の施設概要

施設名HAAB x DREAM BEAUTY CLINIC
大阪梅田院
所在地大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル13階
電話0120-25-0125 (新規予約専用コールセンター)
06-6136-6294  (大阪梅田院直通)
2回目以降予約/緊急連絡先
新規受付10:00〜20:30(月曜~金曜日)
10:00〜20:00(土曜日)
10:00〜19:00(日曜祝日)
営業時間10:00〜19:00
2回目以降予約/緊急連絡先
定休日1/1~1/3
アクセス西梅田駅より徒歩1分 / 北新地駅より徒歩1分
大阪駅より徒歩7分

院長

鈴木 馨斗 (スズキ ケイト)
2015年 日本大学 医学部 卒業
2015年 日本赤十字社医療センター 就職
2017年 日本大学医学部附属板橋病院 心臓血管外科専攻医
2021年 某大手美容外科 就職
2022年 某大手美容外科 都内院長
HAAB×DREAM BEUTY CLINIC 大阪梅田院 院長
  • 某大手美容外科院長を歴任し、HAAB DRAEM BEAUTY CLINIC大阪梅田院院長に就任。丁寧な施術だけでなく術後のフォローもしっかり行うドクター。

資格 & 実績

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 脳神経外科
  • 内分泌代謝内科
  • 麻酔科標榜医
  • 日本救急医学会 ICLS認定医
  • ボトックス/ジュビダームビスタ認定医

※実績はHAABクリニック全体

施術例

ドクターコメント

傷跡は口の中にあり傷跡を気にする心配がなく、短期間で確実に脂肪を除去できるため人気の治療法にはなります。

しかし、適用をしっかりと見極める必要がある手術で、お顔がこけてしまうリスクがあります。お顔の脂肪の種類は、バッカルファット(深い層に存在する脂肪)やジョールファット(あご下に垂れる脂肪)、メーラーファット(ゴルゴラインとほうれい線の間の脂肪)、その他の皮下脂肪など様々です。お客様の目的によっては、上記の組み合わせや脂肪吸引以外のより目的に合った治療をご提案することができます。

主に顔中心にある脂肪を除去してすっきり小顔に見せたり、脂肪したに落ちたるんだ印象を与えるブルドック顔の改善に効果が高い治療法です。頬骨まわりの突起や二重顎、マリオネットライン(唇の両脇からあごに伸びる溝)の脂肪は、他の治療を組み合わせることで理想のフェイスラインへ近づけます。

施術後の経過例

当日

術後当日は腫れも少なく、傷口が外にないためお化粧をして帰れます。口の中の粘膜に傷跡があるため、食事をする時に違和感はあります。口をゆすぐ際には、水圧をかけないよう注意してください。

1週間後

腫れや内出血は1~2週間で治まります(内出血しない場合もあります)。

1ヶ月後

術後1ヵ月でスッキリとしたフェイスラインになりますが、脂肪除去した部分が拘縮(しこりができる)する場合がありますが3ヶ月ほどで治まります。術後の経過は通院いただき医師が状態を確認いたしますのでご安心ください。

施術内容の解説

  1. カウンセリング

    カウンセリング

    お客様の要望や希望をしっかりとお伺いし、その上でお客様にあった最適の施術をご提案させていただきます。

  2. デザイン

    デザイン

    お客様の理想に近づけるよう医師のアドバイスとともに、 気に入ってもらえるデザインをご提案していきます。

  3. 手術

    口の中を2cmほど小切開し、鈍的に脂肪層にアプローチし、バッカルファットを取り除きます。

  4. 最終確認,ご帰宅

    確認、ご帰宅

    オペ終了後、問題がないか確認します。問題がなければご帰宅いただきます。

安心してご利用頂くために

予約〜施術完了まで

安心してご利用頂くためにSP

アフターフォロー

当日してはいけないことやおうちでのケア

バッカルファット除去は口の中から脂肪を吸引するため、術後当日は腫れも少なく、傷口が外にないためお化粧をして帰れます。口をゆすぐ際には、水圧をかけないようにしてください。また細菌が傷口から感染するリスクもありますので、抗生物質の服用を義務付けています。

血流を良くすると内出血が悪化するため、術後2~3日湯船に浸かったり、術後1カ月はお顔のマッサージはしないようにしてください。内出血はファンデーションで隠れる程度のためご安心ください。また、フェイスバンドで圧迫する事で肌が引き締まり、シャープなフェイスラインを形成できます。

術後1~2週間ほど口の中に違和感がありますが、ひどい腫れや炎症が現れた場合には、すぐに受診をしてください。術後の経過は通院いただき医師が状態を確認いたしますのでご安心ください。

よくある失敗

解決策

頬がこけた。

頬がこけた原因が脂肪の取りすぎの場合は、こめかみやほうれい線へヒアルロン酸やコンデンスリッチファット(自家脂肪を濃縮した良質な脂肪)を入れて必要なボリュームを足します。またこけの原因は、取るべき部位でない脂肪をとってしまったり、脂肪の取りすぎで起こるリスクです。しっかりと事前カウセリングをして、熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。

皮膚が凸凹している/皮膚がたるんだ。

吸引行うと皮膚表面が凸凹したように感じますが 脂肪を取り除いた部分に一時的に空洞できている現象の為、3カ月程度で治まります。凹つきが治まらない場合は、脂肪やヒアルロン酸などを状態に合わせて注入いたします。熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。

理想の効果が感じられない。

バッカルファットは適用にならない場合が多い手術です。お顔の脂肪吸引といっても、バッカルファット(深い層に存在する脂肪)やジョールファット(あご下に垂れる脂肪)、メーラーファット(ゴルゴラインとほうれい線の間の脂肪)、その他の皮下脂肪など様々あり、適用する脂肪部位を再手術する必要があります。

術後のケアを怠る。

傷口が感染していることが考えられるため、早急に受診をお勧めします。

カウンセリング内容をしっかり行わない。

バッカルファットは、もともと顔中心にあった脂肪の除去はできますが、マリオネットライン(唇の両脇からあごへ伸びる溝)やほうれい線のたるみ改善にはなりません。この場合はジョールファット(あご下に垂れる脂肪)と糸を組み合わせることで、引き締まった若々しい輪郭を作ることができます。

よくあるご質問

  • 大阪梅田院では、傷跡は目立ちますか?
    大阪梅田院では、口の中に5ミリほどの穴を開けて脂肪を取り出すため傷跡は外見にはつきません。その後、溶ける糸で縫い合わせますが、粘膜は他の皮膚と比べて修復しやすいため、傷や痛みは1~2週間で治まります。
  • 大阪梅田院では、食事や歯磨きはでますか?
    大阪梅田院では、可能です。注意点は、食べる際にゆっくり口を動かし、歯磨きや飲む際に水圧を強くかけないように優しく動かすことになります。術後から飲食はできますが、術後2日間は飲食後を口を濯いで感染予防をするようにしてください。傷が完治するまでは、刺激の強い食べ物や飲み物は避けてください。
  • 大阪梅田院では、術後はフェイスバンドなどは必要ですか?
    大阪梅田院では、フェイスバンドの着用をお勧めしています。脂肪吸引は皮膚自体を引き上げる治療法(糸施術など)とは異なるためファイスバンド着用は必須ではないですが、術後1週間ほど着用して圧迫することで、ダウンタイムが軽減され、仕上がりも良くなります。ハイフ(超音波による肌の引き締め)などで定期的なメンテナンスを行いますと効果が維持します。
  • 大阪梅田院では、バッカルファット除去のダウンタイムはどのくらいですか?
    大阪梅田院では、個人差はありますが1週間~2週間です。個人差はありますが1週間~2週間です。痛みや腫れのピークは3日~4日目ぐらいになります。仕事に支障ははありませんが、フェイスバンドで圧迫を術後3日ほど行う事で、よりシャープなフェイスラインの仕上がりなるため、術後数日間リモートワークや休暇などでお顔を見せなくて良い状況が作れる前日に手術されることをお勧めします。
  • 大阪梅田院では、バッカルファットで頬がこけることはありますか?
    大阪梅田院では、頬がこける可能はあります。こけの原因は、取るべき部位でない脂肪をとってしまったり、脂肪の取りすぎで起こるリスクです。しっかりと事前カウセリングをして、熟練したドクター選びをすることでリスクは回避できます。こけてしまった後の対処法としては、コンデンスファットリッチ(自家脂肪を濃縮した良質な脂肪)など定着しやすく、ボリュームのある脂肪を注入することをお勧めします。術前にしっかりとカウンセリングを行い、様々な角度から見たお顔全体のバランスを確認しながら手術プランを考えると理想のお顔に近づけます。
  • 大阪梅田院では、手術中は痛いですか?
    大阪梅田院では、手術中の痛みは麻酔を使用するため痛みは感じません。痛みが苦手な方やご不安な方は、通常の局所麻酔より強い静脈麻酔や全身麻酔なども選択できます。当院には麻酔の専門医が常勤しておりますので、患者様のご希望にあった麻酔方法をお選びいただきます。

監修医師

鈴木医師

鈴木 馨斗 (スズキ ケイト)

大坂梅田院 院長

某大手美容外科 都内院長を歴任し、HAAB DREAM BEAUTY CLINIC大阪梅田院院長に就任。

丁寧な施術だけでなく術後のフォローもしっかり行います。