瞼の脂肪取り

皮下脂肪が多く目元の厚みが気になる方におすすめな施術です。まぶたを数ミリ切開し、余分な脂肪を取り除き、理想のスッキリとした目元を形成いたします。当院には腫れや内出血を最小限に抑えた特別な術式もご用意しております。目つきが悪いや眠たそうな印象だったのが改善されますので、是非一度カウンセリングで不安を解消して下さい。

瞼の脂肪取りの種類と特徴

施術プラン

南青山本院の瞼の脂肪取りの特徴

欧米の方に比べ、日本の方は瞼の脂肪が多く一重または奥二重のタイプが多くいらっしゃいます。瞼の脂肪を取り、その他二重整形施術との組み合わせにより目の開きも大きく改善されます。 クリニック店頭で販売しております化粧品の中より、術後セルフケアに適したアイクリーム等もご案内ができるのもHAAB南青山院の特徴です。

通常プラン

通常の上まぶたの脂肪取りの施術になります。

ドリームプラン

電気メスを使用した施術になります。 腫れや内出血を最小限に抑え、傷が残りにくくなるためのオプションになります。

施術の値段

瞼 脂肪取り通常価格¥100,000
モニター価格¥70,000

※税込価格

オプションメニュー

麻酔貼付/クリーム麻酔+¥3,500
局所+笑気麻酔+¥13,500
静脈麻酔+¥50,000
全身麻酔 ※①+¥165,000

※税込価格

※① 以下に当てはまる場合

全身麻酔医師がリスク管理が必要であると判断した場合¥200,000

※税込価格

切開系施術のオプションメニュー

他院抜糸(1部位) 通常価格¥20,000
ドリーム式通常価格+¥85,000
ドリーム式 ※瞼の脂肪取り通常価格+¥55,000

※税込価格

モニターキャンペーン

現在行っているモニターキャンペーンはありません

当院で使用している医療器具

麻酔

施術時に感じる痛みに配慮し、当院では吸引する「笑気麻酔」もご用意致しております。

 麻酔時に使用する「マイクロカニューレ」というものを使用しております。挿入時の痛み軽減や内出血のリスクを最小限に抑える設計のされた安全な針です。

※施術に適さないと判断した場合は使用しない場合もございます。

施術後のダウンタイム(経過イメージ)とリスク

施術後のダウンタイム

施術時間10分程度
麻酔点眼麻酔と局所麻酔と笑気麻酔で行います。 静脈麻酔を選択することも可能です。
腫れや傷跡2~3日程度の腫れや内出血のダウンタイムがあります。 傷跡はほとんど目立ちません。
通院ペース当日の施術のみ
お薬特にありません。
メイク2~3日後から可能
洗顔やシャワー、入浴洗顔とシャワーは当日から可能で、入浴は2~3日後の腫れが引いてから可能です。

経過イメージ

腫れや内出血のダウンタイムが2~3日程度あり、1週間後にはほぼほぼ完成になります。

当日

瞼脂肪取り:経過例:当日

1週間後

瞼脂肪取り:経過例:1週間後

1ヶ月後

瞼脂肪取り:経過例:1ヶ月後

リスク

個人差がありますが、腫れや内出血がでることがある。 2~3日程度メイクができません。

南青山本院の施設概要

施設名HAAB BEAUTY CLINIC 南青山本院(新院)
所在地〒107-0062
東京都港区南青山2-23-8 外苑ビル2-3F
電話0120-25-0125 (新規予約専用コールセンター)
03-5412-0125 (南青山院直通)
2回目以降予約/緊急連絡先
受付時間 10:00~19:00
営業時間11:00~21:00 (平日最終受付 20:30)
10:00~20:00 (土曜最終受付 19:30)
10:00~19:00 (日祝最終受付 18:30)
定休日不定休(1/1~1/3休業日)
アクセス東京メトロ銀座線 外苑前駅 (1b出口)より徒歩約3分

院長

大西 真代 (オオニシ マヨ)
東海大学医学部 卒業
国際医療福祉大学院 入職
大手美容クリニック 院長
HAAB BEUTY CLINIC 南青山院 院長
  • 10年以上美容医療に携わる医師として私が一番大切にしている事は、患者様と二人三脚で美のゴールを目指す事です。好みのファッションが違うように、患者様一人一人違った感性をお持ちです。それぞれの理想に少しでも近づけるようお手伝いするのが私の使命だと思っております。是非一緒にあなたのゴールに向かって頑張りましょう。

当クリニックの名医 ※特に上手い先生

田中医師
田中 優太
  • 当院では、外科、皮膚科、エステなど、多くの施術をご用意させて頂いています。全てのお客様に寄り添った美容医療を提供し、満足して頂けるよう全力を尽くす所存です。

資格 & 実績

doctors_3shot
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 脳神経外科
  • 内分泌代謝内科
  • 麻酔科標榜医
  • 日本救急医学会 ICLS認定医
  • ボトックス/ジュビダームビスタ認定医

※実績はHAABクリニック全体

施術例

まぶた脂肪取りbfore1
まぶた脂肪取りafter1
まぶた脂肪取りbefore2
まぶた脂肪取りafter2
まぶた脂肪取りbefore3
まぶた脂肪取りafter3
まぶた脂肪取りbefore4
まぶた脂肪取りafter4

ドクターコメント

まぶたが腫れぼったい原因は色々あり、ご自身で適応を判断するのは難しく、まずはお気軽にご相談ください。カウンセリングでしっかりと診察し、ベストな治療法を提案します。

施術後の経過例

当日

瞼脂肪取り:経過例:当日

個人差はありますが、当日~翌日にかけて内出血がでることがあり、多少の腫れなど3~4日程度続きます。

1週間後

内出血や腫れはほとんど引いてきて、メイクもできるようになります。

1ヶ月後

1ヶ月もするとほぼ綺麗になります。

施術内容の解説

  1. カウンセリング

    二重カウンセリング

    患者さまの理想の目元や希望の施術をしっかりと伺い、お悩みやまぶたの状態を診察したうえで、患者さまに適した施術方法をご提案します。

  2. デザイン

    二重デザイン

    希望される二重デザインに合わせ、専用のプッシャーなどで丁寧にシュミレーションします。

  3. マーキング

    二重マーキング

    施術部位に医療用のペンで皮膚切除量やライン、二重幅などをミリ単位でマーキングし、仮形成したデザインと相違がないようにします。

  4. 麻酔

    麻酔

    顔全体を消毒して清潔な状態にした後、施術部位以外に医療用の布をかけます。
    できるだけ痛みを少なくするために極細の針で麻酔を行いますが、チクッとした痛みを感じます。都度お声がけしながら、丁寧に行いますのでご安心ください。

  5. 施術

    二重施術

    マーキング部位に沿って丁寧に手術を行います。

  6. ご帰宅

    ご帰宅

    オペ終了後、施術部位に問題がないか確認します。問題がなければそのままご帰宅いただきます。

安心してご利用頂くために

予約〜施術完了まで

安心してご利用頂くためにSP

アフターフォロー

当日してはいけないことやおうちでのケア

ダウンタイムはほぼありません。2mm程度の⼩さな⽳からの施術ですので縫合を⾏う必要はなく、抜⽷を⾏うための再来院も必要ありません。

腫れはほとんど出ませんが、翌朝は若⼲むくむことがありますので、施術当⽇はアルコールをお控えいただくのが賢明です。

シャワーや洗顔は当⽇から、メイクや⼊浴は翌⽇から可能です(シャワーや洗顔は、脂肪を除去した⼩さな⽳が開いていたとしてても、流⽔であれば逆に感染を防いでくれます。⽯鹸などはしみる可能性がありますのでご注意ください)。

よくある失敗

解決策

まぶたの脂肪取りを行った後、目がくぼんでしまった。

人は加齢と共に脂肪が少なくなる傾向にあるため、脂肪を取った目元がくぼんでくることがあります。将来を見越したうえで適切な量の脂肪を除去することが大切です。

たるみやシワが生じてしまった。

脂肪を取った部分の皮膚が余り、下がってしまうことでたるみやシワが生じることがあります。膚のたるみやシワが生じない程度の脂肪量を取るか、同時に皮膚の切除を行うことで防ぐことができるでしょう。

手術した部位に凹凸が生じてしまった。

脂肪の取り残しや取りすぎによって、凹凸を生じる場合があります。きれいな仕上がりを目指すためには、技術力と経験のある医師に依頼しましょう。

よくあるご質問

  • 南青山院では、除去した脂肪が元に戻ることはありますか?
    南青山院では、眼球周囲の脂肪は基本的に一度取り除くと元に戻ることはありません。
  • 南青山院では、まつ毛エクステはいつからできますか?
    南青山院では、施術部位の傷や内出血などが落ち着くまでの1ヶ月程度は控えると良いでしょう。
  • 南青山院では、一重まぶたでも、まぶたの脂肪取りのみを行えますか?
    南青山院では、可能ですが、基本的にまぶたの外側へ切開を伴うため、二重切開などと同時に行うことをおすすめしています。

監修医師

東京本院 院長 田中優太

当院では、外科、皮膚科、エステなど、多くの施術をご用意させて頂いています。

全てのお客様に寄り添った美容医療を提供し、満足して頂けるよう全力を尽くす所存です。